米国の大規模スパイ計画の延長と拡大を下院が可決 from wired.com

security summary



米国政府は外国情報監視法 (FISA) の第 702 条を 2 年間延長しました。
このプログラムにより、政府は米国人と海外の外国人との間の通信を盗聴することができるようになる。
何億もの通話、テキストメッセージ、電子メールが、それぞれ米国の通信プロバイダーの「強制的な支援」を受けて政府のスパイによって傍受されています。
「反改革派はFISAに対する常識的な改革を拒否しており、米国人に対する令状のないスパイ活動の大幅な拡大を推し進めている」と述べた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました