PUF

Physically Unclonable Functions (パフ: 物理複製困難関数)
その名の通り物理的に複製困難な機能(性質)を使って、チップの個体認証を行う技術
IoTの普及とともに、数多くのさまざまなLSIチップが末端で使用されるようになる。もし、改ざんされたチップ(模造品)が気づかないところで組み込まれていると、個人情報が不正に読み出されたり、機器が制御不能に陥ったりするという深刻な状況が生じる。正規品と模造品を見分けるための、チップの個体認証が必要となる。

タイトルとURLをコピーしました