米国、マネーロンダリングに関与した北朝鮮のIT職員に関する情報提供に500万ドルを提供 from threcord.media(cybercrime)

security summary



米国は、700万ドル近くを資金洗浄した疑いで起訴された北朝鮮のIT職員4人の情報に対し、最大500万ドルの報奨金を提示している。
報道によると、被告らは、本物のアメリカ国民 60 名に属する偽の ID を使用して、リモートのソフトウェアおよびアプリケーション開発者を企業から入手することができたという。
米当局者らは、これらの人物は仕事に応募する際に「身元、所在地、国籍を意図的に不明瞭にしている」と述べた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました